東京都足立区にある、金属プレス加工、線材曲げ加工の会社です。
主な製品は、日本製の鞄(かばん)、靴(くつ)、アクセサリーなどに使われている金具などに使われています。

角カン

角カンは、様々な用途に使用されております。主に、かばんを持つ部分、取っ手部分を繋ぐ金具として使用されてはおります。小さいサイズの角カンは、ストラップや、アクセサリーの装飾品として、好まれているようです。また、服装飾品に限らず、強度を求める留め具として、角カンの切り口を"ロー付け加工"した製品も需要があります。

a_04_19-14-3.9.jpga_04_19-14-3.9.jpg通常製品、角カンa_04_DSC00469.JPGa_04_DSC00469.JPGかばん付属、角カン


a_04_DSC00459.JPGa_04_DSC00459.JPGかばん付属、角カンa_04_DSC00482.JPGa_04_DSC00482.JPG通常製品、角カン


クダ美錠

クダ美錠は、他の金具と違い、様々な用途に使用されております。主に、かばんの紐止めとして使われておりますが、大きいサイズのクダ美錠は、ベルトのバックルとしての機能も果たしているようです。また、最近では、小さいサイズのクダ美錠が、男性物の革靴、女性物のブーツなど、靴の紐止め、アクセサリーとして使われています。

a_05_12-3.jpga_05_12-3.jpg通常製品、クダ美錠a_05_IMG_1053.JPGa_05_IMG_1053.JPG通常製品、クダ美錠


a_05_DSC00492.JPGa_05_DSC00492.JPG通常製品、クダ美錠a_05_DSC00485.JPGa_05_DSC00485.JPG通常製品、クダ美錠


針金コキ(一本線送り)

針金コキは、かばんなどの肩紐アジャスター、調整カンとして使用されております。このように、主に、長さを調節するアジャスター機能を果たします。かばんなどの肩紐の横幅に合わせて、針金コキのサイズ、横幅を決めていきます。主に、横幅が、"30mm"、"40mm"という針金コキが頻繁に使われていますが、横幅が、"12mm"と小さいサイズの針金コキも、調整カンとして使用されています。

a_06_21-15-3.jpga_06_21-15-3.jpg通常製品、針金コキa_06_DSC00458.JPGa_06_DSC00458.JPG通常製品、針金コキ


a_06_DSC00487.JPGa_06_DSC00487.JPG通常製品、針金コキa_06_DSC00493.JPGa_06_DSC00493.JPG通常製品、針金コキ


株式会社若井 ~ 製品紹介 ~

山高半月(月カン)並半月(Dカン)丸型半月角カンクダ美錠針金コキ(一本線送り)丸カン小判カン三角カン丸舟美錠板コキ、角板コキ(8型、角型送り)ハシゴカギ
当社製品は、主に、上記"13製品"が挙げられます。
この通常製品は、鉄生地、鉄ニッケルともに在庫があり、即日対応できる状態を整えております。種類に関しても、小さいサイズ~大きなサイズまで、多様に揃えております。

プレス加工製品に関しては、あまりご紹介しておりませんが、線材曲げ加工、カン座取りつけ加工、板物プレス曲げ加工など、多種多様な加工に対応しております。